音羽画廊- 骨董、美術品販売、貸しスペース、茶室

奇跡の写真「伊勢神宮の大鳥居に龍が昇る」ゴールド額装入り

32,400円(税2,400円)

購入数
奇跡の写真「伊勢神宮の大鳥居に龍が昇る」
203ミリ×305ミリ・約A4サイズ
ゴールド額装入り
同梱・代引き不可

メーカー直送品につき、別途送料1000円(税別)が必要となります。


★【開運写真】奇跡の写真シリーズとは

日常で出会う機会の無い超自然現象を捉えたカットを
歴史と実績のある銀塩生写真のワイド6切サイズ(203ミリ×305ミリ・約A4サイズ)でプリント処理して
額装した美術装飾品です。各作品200枚を区切りとして制作しています。

「伊勢神宮の大鳥居に龍が昇る」秋元氏による写真解説▼

伊勢神宮(内宮)への入り口、五十鈴川にかかる宇治橋外側にある大鳥居は、日常の世界と神聖な世界を区分けしている結界であり、神域への入り口を示しています。

宇治橋外側の正面から見る大鳥居の姿は感動的で、身も心も正す心構えの大切さを感じます。
さらに冬至の日には、太陽が大鳥居の中から昇るのを見ることができ、伊勢神宮の神秘として語られます。大鳥居を正面に宇治橋奥から昇る朝日が橋を黄金色に染める見事な景観は心に強く焼き付き、感動を得られる特別な時間を体験できます。

冬至は一年で最も日が短く、この日を境に日が長くなることより古書では「どん底から上昇していく」と、好転の兆しや人々の心の起点となる日として捉えられ、伊勢神宮では鳥居の間から昇る神々しい朝日を拝む事ができる日でもあるため、大勢の参拝者が早朝から集まります。
宇治橋奥には島路山があり、そこから太陽が昇る時間は7時30分過ぎです。
大鳥居の中の空間が御来光に包まれ感動の時を迎えていると、上空に大きな龍雲が現れました。
清流五十鈴川から伊勢湾に向かって大鳥居上空に力強く昇るように現れた龍は、あまりにも神々しい情景で、ありがたいパワーを感じました。

伊勢神宮の鳥居から昇る日の出の写真は幸運をもたらすと言われますが、そこに龍が昇る光景が加わった日本神話のような写真になりました。
この稀に見る光景を捉えた写真が、皆様にとって開運の写真となることを願っています。

写真工房・優良課 
http://yuryokalife.wixsite.com/yuryoka-kiseki-photo

【スピリチュアル写真家】秋元隆良氏 特設ページ


*複製厳禁
全ての「伊勢神宮の大鳥居に昇る龍」には、撮影者直筆の管理Noが明記されています。